人気ブログランキング |
ブログトップ

optidays

optidays.exblog.jp

池田優子個展「Tide」 at gallery crossing

池田優子個展「Tide」 at gallery crossing_f0003788_19460670.jpeg


池田優子個展
「Tide」

一定の周期で繰り返す、すべてのものに流れる見えないエネルギー。月と地球が惹かれ合うことによって起きる、海面の昇降 − 大きな呼吸のようなもの。今展のテーマ「Tide」は、池田優子の中にある力強さや静けさへの、私自身の興味に端を発したものだ。彼女のつくるうつわは、やわらかな形や自然を思わせる色彩に定評があるが、前回の個展の際に垣間見えた深い部分、ずっしりと重さのあるものを感じてみたいと思っていた。そうして今展のために制作された作品は、月から眺めた海の一片を思わせ、または岩場の水たまり、夜の海の深淵や、サンゴ礁のようでもある。一方、彼女が以前から取り組む銀彩の鉢などは軽やかさを増し、静かにたゆたう海面のような、または銀の月面のようなイメージとなった。私は、これら池田優子のうつわについて、陶器というよりは立体的なドローイングとして受け止めている。実用、非実用を問わず、釉薬や質感の重なりによる色彩は空間に風や潮の香りを運び、見るものを想像力の旅へと連れ出してくれるだろう。前回の個展「Swell」から、今展のテーマ「Tide」へ。もっと深く、遠く、そして静かで力強いエネルギーを描いた、池田優子の新たな表現をご高覧いただければ幸いです。

GALLERY crossing 黒元実紗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


池田優子個展「Tide」 at gallery crossing_f0003788_19462810.jpeg


池田優子個展「Tide」 at gallery crossing_f0003788_19464629.jpeg


by optiyuko | 2020-09-30 19:53
<< Yuko Ikeda solo... 白日 第二回山本展に参加します >>