ブログトップ

optidays

optidays.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

友達を綺麗だなと思った日

今日は、最近三人目の子供を産んだ友人に会いに行ってきた。
小学校からの同級生。
2人目の子が幼稚園に行くようになり、やっと子育てがひと段落したと思ったら
「三人目が欲しい」と言い出してポンと産んでしまった。

二ヵ月半の乳飲み子を、なんとも幸せそうに抱きながら笑う彼女。
その姿がなんとも綺麗で一瞬見とれてしまった。
私なんて、たった一人の子供を1年四ヶ月育てただけで、何回ぶっ壊れそうになったことか。

今日なんて、総勢9人のランチを用意し子供達を食べさして赤ちゃんにおっぱいをあげ寝かしつけながらの、
あの余裕のある笑顔。
…尊敬してます、はい。

学生の頃、一番の子供嫌いだったのは他ならぬ彼女だったのに。
[PR]
by optiyuko | 2006-08-30 22:31

鉄瓶

鉄分不足を少しでも補えたら…と、このところ毎日鉄瓶でお茶を沸かしている。
お茶っ葉は、ルイボスティーから衣替えして三年番茶。
三年番茶もルイボスティーと同じくタンニンやカフェインが含まれてないらしいから
鉄の成分が壊れないかなぁと選びましたが、
…間違えてたら誰か教えて。

鉄瓶でお茶を沸かすと、初めのうちは何となく鉄の味がして「我慢して」飲んでる感じ。
でもこれが回数を重ねるうちに鉄の味は消え、今はなんともまろやかで甘いお茶になってきた。
ちょっとどす黒くて、甘いお茶。
これがクセになってきました。
f0003788_6263051.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-08-30 06:26

眠たい日

昨日は一日中眠い日だった。
朝、夜勤明けの旦那さんを眠らす為、8時から公園にそうたろうを連れ出す。
公園を掃除している人が居て、「そうやんな、誰かが掃除してくれてるんやんな」と改めて思う。
少し遊んで実家に避難。

実家でゴロゴロしながら映画を見る。
2人の老姉妹の所にヴァイオリン弾きの男の子がやってくる話。
さすが名優。老姉妹が良かったなあ。
映画を見てる間、そうたろうは糸こんにゃくの袋を破って絨毯にぶちまけたり、
ゴミ箱の上に乗ってシンクで水遊びしびちゃびちゃになったりしていた。
そんな彼、最近怒られると首を横にかしげる仕草をする。
これは「ごめんね」の意。
「ごめんねは~?!怒」と聞くと同じ事をする。
コレをやられると思わず笑ってしまうので、きっと「コレは使える!」と思っているのだろう。
そして、「コレを笑顔と共にやる」と更に受けがいい、とも気付いたみたいで。
危機的状況を抜け出す方法を見つけた彼。

人間、経験により得た術で世の中を渡っていくのですね。
[PR]
by optiyuko | 2006-08-25 07:29

おやつ

食べるのが大好きになったと同時に、お菓子やアイスなんかのおやつも大好きになってしまった。
卵が駄目なので、その時点で沢山のお菓子やアイスなんかは排除されるんだけれど、
子供が大好きなお菓子には、卵が入ってない物もわんさかあるって事が最近になって分かった。
例えばポテトチップス。
そうたろうも大好きなんで揚げてみました。
f0003788_22562884.jpg

自分で作ったのは初めて。
だって、自分の為にこんな危険な食べ物(カロリーがね…)わざわざ作ったりしませんもん。
子供の頃、パンの耳を揚げて砂糖をふりかけたお菓子がむちゃくちゃ好きやったのを思い出す。
旦那さんと2人並んでテレビ見ながらつまんでる姿を見てるとなんだかしあわせ。
手作りお菓子は口いっぱいに頬張って食べてる姿を見ててもなんだか安心。

明日は桃でシャーベットを作ってみよう。
[PR]
by optiyuko | 2006-08-23 22:56

ひとりの息抜き

昨日はそうたろうの予防接種。
これでやっと一通りの予防接種が終わった。やれやれ。

先週、二度目の基本設計の提案をしていただき、一週間じっくり考えてまた週末に打ち合わせ。
今ぐるぐると考えてるまっただ中。
大きなところは建築家さんから提案して頂いたままで、
細かいところは今まで集めた雑誌や本から希望に近いイメージを集めている。
この作業が愉しくて。
…そうたろう昼寝中だけのおたのしみではありますが。

先週末、1人になれる時間が少しあったので、
映画にしようか?それともゆっくり本屋に行こうか?どこ行こうか?
と考えた結果、あっけらかん庵へ行く事に。
行きしなにゆっくり読みたかった雑誌(コンラン卿の一人娘のキッチンが載った号)
を買って行こうと思っていたのに、ふと寄った本屋には置いてなく…、二軒目はお盆休み。
どうも今日は朝からついてないから、きっとあっけらかん庵もお盆休みだろうと半ば諦めつつ行ってみたら…やった開いてる。
素麺チャンプルーとオーガニックビール。食後に甘酒とフルーツのシャーベット。
店主のじゅんこさんとキッチン家電について熱く語り、ほろ酔いで家路に。
いやたまにこうした1人の時間があるのってやっぱいいですね。
[PR]
by optiyuko | 2006-08-23 07:58

サルも木から落ちる。

お盆中に、父が木の手入れをしている途中に足を滑らして木から落ちたと電話。
落ち方としては、幸いにも一番ラッキーな落ち方だったらしいけれど、身内の怪我はこちらの寿命も縮まるものだ。
いつも元気な人の元気でない姿を見るのも辛いもので、そうたろうを抱っこしてるいつもの姿が早く見たいなと思うのです。

断乳後の経過はどうかというと、まだ朝までノンストップでは寝れてません。
夜中にきっちり起きてくれはる彼。
キッチンに連れて行って、お水を飲ますとまたコロンと寝るようにはなったけれど。
そして昼間の食欲は日々すごいものになってきていて、お前さんはホドホドってものを知らんのか、という感じです。
今や口癖は「まんま」。
機嫌が悪い時にも「まんま」。
なんせ暇があったら「まんま」。
写真は、「まんま」を母が必死に用意してるあいだ、
キッチンの(そうたろう進入防止)柵にもたれて「おやつのまんま」をつつきながら、まんまの完成を待っているの図。
…まるで立ち飲みバーで一杯やってるおっちゃん。
f0003788_0303295.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-08-20 00:18

お盆休みはみんなで

海だ~!
という事で、叔父叔母夫婦、従姉妹一家、従姉妹、我が家の総勢10名で伊勢の家に三泊四日。
バーベキューにゴルフ、海、プール、花火に昼寝。
海はたまに行くんだけれど、こうやって浮き輪に浮いて海水浴するのは妊娠前以来。
やっぱ良いなあ~海水。
沖に浮いてる筏まで泳いで、筏から飛び込んだり、筏から陸に居るみんなに手を振ってみたり、波に飲まれてボロボロになったお互いを見て爆笑したり。
海から帰ってからは、昼寝したり、庭で遊んだり、御飯の支度したり。
合宿みたいなお盆休み。
f0003788_23581674.jpg
たのしかったなあ~。
そうたろさんも、もちろんごきげんさん。
大好きなはるなとしょうちゃんと一緒のお盆を楽しみました。
卵アレルギー発覚後初めての旅行。
心配してたけど、大丈夫でした。
[PR]
by optiyuko | 2006-08-20 00:02

もうすぐ…なのか?

断乳六日目。
寝入りに泣かなくなったと思いきや昨日はまた泣いていた。
直前に「ひこうき~」と言って足に乗っけて振り回しまくったのがハイにさせたのか?

まだ夜中2、3回起きてはぐずぐず。
背中をとんとんしたり頭を掻いたりするとまたすぐ寝る。

断乳するにあたって、楽しみにしていた事がひとつ。
それは「断乳すると朝まで寝るようになる」と良く言われていること。
彼が生まれてからというものずっと3、4時間おきに泣いては授乳するという夜を過ごし
体はもうそのリズムに慣れてしまったけども、やはりまだ「朝までぐっすり眠る」って事に魅力を感じる。
…いや魅力を感じるどころか、その日を待ち望んでいる。
もしその日が来たならば、約一年と三ヶ月ぶりに朝まで寝る事になるわけですが、
一体その日はいつやってくるのか。
…まだその日はやってきておりません。

昨日は、中津にある病院へ行く用があり、中津といえば行きたいお店が幾つもあるのに
病院からの道のりが分からずに結局断念。
次回は地図もってこ。
母に同行してもらってたので、すぐ近くにあったカンテでお茶。
カンテでは、動き回りたいそうたろうを捕まえつつ、出てきたチャイをぐびーっと飲み干し
そうたろうの両手を完全ガードしつつ、雑貨をダダーッと物色して帰る。
…もう彼と一緒にお茶なんて無理ですわ。

グビーッとかダダダーッとかしていたわりに、母はざぶとんと帽子(そたろ用)、
私ははんことラスクを買ってごきげんで家路に。
木で出来たはんこ。
来春、家が建ったら1階に陶芸スペースを作ってちんまりとした教室のようなものをやりたいなと思っている。
それまでに土で遊べるアイテムをいろいろと物色中。
まだもやもやとやりたい事を思い描いてる最中だけど、
神社の裏にある下町情緒あふれる場所なんで、ゆっくりした空気が流れる家にしたい。

秋からそうたろうが保育園に行く予定です。
それからようやく私も動いていきます。
f0003788_6284065.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-08-10 06:37

これ誰…?

今日で断乳5日目。
本当に断乳なんて出来るのかしらと思っていたけれど、思ったよりも順調に進んでいる。

2日目の朝起きたらおっぱいが熱を持ったメロンのようになっていて、
これを一体どうしたもんかと思ったけれど搾ってしぼってなんとか乗り切った。

そうたろうも何とかおっぱい無しの日々に順応しようと頑張ってるようです。
驚いたのは、「おっぱいもう終わりやデ」と何回も言い聞かせていたからか、
どうやら彼なりに「もうコレ無しで寝ナあかんねや」と思っているようで、
寝入りに泣きはするけれど、いつものようにおっぱいを探しには来ない。

授乳を辞めようと思ったのは、そうたろうが「貧血気味」と病院で言われたのが大きな理由のひとつ。
母乳には鉄分が少ししか含まれていないらしく、完全母乳で育てられた赤ちゃんに多いらしい。
そしてそうたろうの場合、たま~に旺盛な食欲を見せるものの、基本的に母乳と好物の焼き魚以外は「しようがなしに口に入れている」感じでそれも心配だった理由のひとつ。
「必要なら食べるから心配いらん」とは周りに言われていたけれど、
自分の息子が美味しそうに御飯をほおばる姿が見たいという願いは捨てられず。

…で、断乳して彼の食欲はどうなったかと言うと、
二日目から段々と食欲が出てきたようで、四日目の昨日は「…これ誰?」って感じ。
一日中「まんま~まんま~」と訴え、
おにぎりをあげたらすごい勢いでほお張り、フルーツでも野菜でも、今まで手に取るものの口に入れたことはなかった物までもぐもぐもぐもぐやっている。
弊害としては、今まで見向きもしなかった「人の食べてるもの」も欲しがるようになって、
当分私も卵抜きの生活は続きそうです。

いやしかし…、君は本当にお腹一杯おっぱいを飲んでたんだね。

画像は、張り続けるおっぱいを沈めようと減食中の私のおやつ。野菜スープ。
f0003788_723348.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-08-09 07:10