ブログトップ

optidays

optidays.exblog.jp

<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イカスミデビュー

昨夜は友人数人とその子供達が泊まりに来て、また例によって夜中まで話に花を咲かせた。
友人の子供(二才・おとこの子)はややこしい盛り。
そんな彼の弱点は「ザケンナー」。
このザケンナーとかいう悪者キャラがたいそう怖いそうで、
何か悪い事をするたびに母親に呼び出され、
「ザケンナー呼ぼか?」とか「ザケンナーにでんわしょうか?」
とか言われるとたちまちおとなしくなって言う事を聞く。
それでもちょっと効き目が薄い時には、
「あ、ほんならもうザケンナーに電話するわ……あ、もしもし?!」
とかいう母の迫真の演技に文字通り肩を「ビクっ」とさせて真剣な目で固まっている。
…ぷぷ。
しかし昨晩一晩でザケンナー何回呼んだ事か。

今日は昼から真田山の屋外プールへ。
従姉妹2人とその子供たち。
楽しかったな。
小さい時からプールに通っているからか、水には強いそうたろう。
浮き輪に入るのは嫌いなようで、わきの下を支えてやると手を前にして泳いで行く。
ざぶーんと顔を浸けて潜る事も出来ます。
これ、出てきた時の顔が爆笑もんでつい何回もやってしまう。
今日も楽しそうに唇むらさきにして頑張ってました。

今日の夜御飯は、父作のイカスミソースを貰って帰ってイカスミパスタ。
そうたろう、イカスミデビューです。
かなりお気に召したようで、私たちのお皿にも手を伸ばし始めてえらいことに。
頑として純和食がお好みだった彼の洋食デビューでもありました。
ちなみに食後はお風呂に直行する羽目になりました。
f0003788_22254972.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-07-29 22:03

イタズラ防止

f0003788_78815.jpg
うちの引き出しです。
長いさしを通して引き出しを引き出せなくしてあります。
これは親が開けたい時も結構不便です。
電話の受話器にはガムテープを貼って固定してあります。
これは電話がかかってきた時にはかなり不便です。
ビデオを差し込む場所には小さい人形が何匹か陣取っているし、MDを差し込む所は細くながーい棒で中をかき回したあげく抜けなくなったままブラーン…。
イタズラ防止グッズって、きっと切なる願いから生まれたものなのですね。

この前の血液検査でそうたろうはAB型と判明。
うちの夫婦はA型とB型のコンビなのでどの血液型の可能性もあり、
「…多分A型。あ、でもB型かも。ま、なんとな~くO型かもしらんけどな」なんて思っていた。
なぜか「AB型かも」とは微塵も思っていなかったからびっくりした。

血液型なんて…という声もあるだろうけど、我が子の事になると興味があるのが親でして。

AB型と言えばクールなイメージがあるのに、やつぁどう見てもクールではない。
子供だからか?これからAB型っぽいクールな男になっていくのか?

こんなにいちいち大袈裟で浮き沈みの激しい母と超マイペースな父、
そして常にガヤガヤと親戚が近くにいる環境でわーわーと育てられ、どうやってクールに育っていくんだろうか。
…楽しみです。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-28 07:08

油と醤油も冷蔵庫

VS現代病の二歩目として、家にある調味料の類いを全部見直して、体に安心な物に衣替えすることに。
添加物や保存料フリーの油や醤油は冷蔵庫で保存するし、塩やコショウなんかも整理し統一さしてコンロ周りが何だかすっきり。
我が家の生活、まだまだ見直すべき所は沢山あるけれど、とりあえず出来る事からね。
キッチンがすっきりすると気持ちもすっきりするから不思議。

「昔の日本食」が体に良い事は良く知られているけれど、除去食を通じて改めて納得。
という事で、我が家には只今「日本の粗食ブーム」が到来中。
デザートにはわらび餅粉を練っております。
出来立てがこれおいしいんよ~
[PR]
by optiyuko | 2006-07-28 00:11

最近の一手間

f0003788_2373762.jpg
家中のカーペットを取り除いたのは良いけれど、
やっぱり床の上にそのまま寝転ぶのはしっくり来なくて、洗濯できる位の薄いラグを買った。
無印でのセール品。
お値段は丸、でも敷いてみたら何だかちょっと淋しくて…。
コットンテープと麻ひもでチクチクやりました。
めんどくさかったけど、楽しかった。
やっぱり手作業楽しいなあ。
…考えたら毎日必ずする「料理」っていう行為も手作業なんだけれど、違うんだなあ、何かが。
別に必要ない事をするって事が趣味的で楽しいんかしら。。

…なんて事を考えていると、もう寝る時間。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-27 23:14

33回目の誕生日は…

前半そうたろうのアレルギー騒動により谷底へどーん。
でも後半になり友人や家族からプレゼントやお祝いメールを貰ったりしてなんとか気を取り戻すといった一日。
みんなどうもありがとう~~!
誕生日祝いとして、クイジナートのミニミニフードプロセッサーを我が家に迎えました。
こいつが小さいくせになかなかパワーのある奴、しかも切れ味鋭い歯を持っていて、
早速それで手をずぶりとやりました。
でも使い心地は良し。買ってよかった。

そうたろうはまたしてもヘルパンギーナにやられ熱が出た。
雑草のように丈夫な母から出てきた割には、なかなかにヨワッチロイ彼。
「子供を強くする100の食材」って言う本を見かけ、つい手に取り、つい買ってしまう。
…強い子になっておくれ。
すべての親が望む言葉を全面的にアピールしたすばらしい題名だ、と思うけど
中身はまあまあだったな。

先週、家の基本設計が上がってきた。
これからがすごく楽しみです。

最近のそうたろうは「父ちゃん命」。
日曜の朝、二度寝中のふたり。
うちはダントツ母親の方が口うるさいタイプです。
f0003788_222506.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-07-27 22:26

アレルギー対策

そうたろうがアレルギー体質を持っていると分かってから、ちょっとの間くよくよしていたけれど、
「~してたら~やったかも知れないっていう後悔と、~になるかもしれないっていう取り越し苦労ばかりしててもしょうがない。」
と、母に言われて頷いた。
それで早速何冊かアレルギーの本を買い込み、アレルギー対策に乗り出す事に。
アレルギーか…。
アレルギーは遺伝するらしい。
私達夫婦は気持ちのパワーみたいなもんで、自分達は「健康」だと信じて疑ってなかった。
けどそういえば旦那さんは花粉症だし、私も鼻炎がたまに発生するし、
…もっと気を付ければ良かった…。
あ、またやってもうた。「~してたら良かった…」ってやつ。
アレルギーのある子の母親は何かにつけてすべて自分のせいにして落ち込む、とある本に書いてあったけど、
分かる。どうしても「もし私が~してたら…」って思ってしまうんだ。

幸い実際アレルゲンを口にしない限り何の症状もないそうたろう。
アトピーもなし、乳児湿疹もあまりなかったから…、アレルギーを持っているとは。
それが卵を食べて湿疹&嘔吐。
ただひとつ気になっていたのは、まるで「マクロ実践中?」って言う位食べ物を自ら厳選していたと言うか、
本能的に自分が食べたらまずい物は避けてたんだと思う。(涙)

食物アレルギーは成長と共に治る事が殆どらしいけど、アレルギー体質とは一生のお付き合いらしく、
うまく付き合っていかなければ将来喘息や花粉症、鼻炎などが発症してしまうらしい。
喘息予防としては、ハウスダストやダニが少ない環境で暮らす事、そしてアレルギー全体の予防に良いのはやはり毎日の食事だそう。

第一歩として、家の中のカーペット類を処分。
久しぶりに畳が姿を見せました。
f0003788_784564.jpg

それからキャロット(自然食品店)にそうたろうも食べれるパンやなんかを探しに行った。
しかし彼はそんなものには目もくれず、やはり米と魚とのりとすこしの野菜がしっくりくるみたいで、
結局私のお腹におさまる事に。
そうたろうが食べれる物ばかりを一緒に食べていたら一キロ減。
反対に食育されてるみたいです。

生活全体を見直してみる機会、だと思ってます。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-20 07:08

トマトをもらったので…

f0003788_21343065.jpg
モッツァレラチーズをのっけて食べようと思ったら美味しいオリーブオイルが家に無い!
家にあるのはというと、某有名メーカーの格安オイルが古くなったのだけ。
オリーブオイルが不味かったら折角のトマトとチーズが台無しやん!
と言うわけで、ボトルの可愛さについ選んでしまったのがこのオリーブオイル。
今現在まだお味は確認してません。
なんでもアーモンドのような香りがするらしい。
結構なお値段だったのでおいしかろうと期待しておりますが。

昨日からおっぱいをあげる回数を減らし始めている。
御飯をあまり食べないのは、おっぱいでお腹が減ってないのだろうと目論んだ為。
同時に昨日からどうも「白粥」を卒業した様子。
ちっさいおにぎりを手掴みで食べるようになった。
相変わらず新しい食材にはかなり保守的な態度、そして子供の大好きな甘いものも嫌い。
けど、少し食べる量も増えた気がするし、ちょっとだけ食べる意力も見えてきた気が…。
…それだけで母はうれしい。かなりうれしい。

人様からすればほんとどうでもいいような事で、心配になったり幸せになったりするもんだ。

専業主婦じゃなくなるまであと二ヵ月半。
1つ思うのは、専業主婦って楽じゃない。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-12 21:44

夏の畑はワイルドだ!

金曜日にそうたろうが卵アレルギーだと判明してへこみぎみ。
「うちのこにかぎって…」っていうドラマのタイトル(古い)そのままの気分。

落ち込んでてもしょうがないので、昨日はまた両親にくっついて奈良の家に行ってきました。
ここはいつも季節ごとにいろんな表情を見せてくれるけれど、
今回もまた、春に来た時とはあたり一面が別の顔をしている。
とにかく夏らしく緑!緑!みどり!そこらじゅうが緑。
…この「まみどり」がまた何とも言えず良い。
「みどり」にはヒーリング効果があると聞いた事があるけれど、なるほどなるほど。

畑に出向くと、今度は収穫のみどり。
ピーマン、とうもろこし、ズッキーニ、糸瓜、ししとう、ルッコラ等々…。
畑もまたガラリと違う表情を見せてくれる。
f0003788_7215239.jpg
…夏の畑はワイルドで、「生命力!」って叫んでるようです。
f0003788_7361197.jpg
ウィークエンド百姓の両親はこの生命力に振り回されて毎週へとへとに。
こちらは収穫にありつけて嬉しいけど。

私は、前から作ってみたかった苔玉作りに挑戦。
母のガイドでもってそこらの道端で材料を調達し、見よう見まねで作ってみたけどこれが楽しい!
f0003788_7264696.jpg


そうたろうもご機嫌なご様子。
f0003788_7301827.jpg
畑では、うっそうと茂る緑に囲まれてちょっと緊張気味。
畑の横の水道で水遊びに興じてずぶ濡れに。最後は水の上に寝転んで自らを浸してました。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-10 07:32

バザー

そうたろうの風邪も一段落した朝、母に彼を預けていざ向かった先は、バザー。
年に何回か行われる、地元のおばちゃん御用達バザー。
その楽しみの最たるところは宝探し気分にあって、ガラクタの山の中をおばちゃん達と共に引っ掻き回しながら自分の好みの物を探し出すってところ。
私はどうもそういうのが好きなようで。
地元のバザー、しかもあまり柄のよろしくない土地柄とあって、なかなかに体力そして気力をも要するけれど、エクササイズと思えばとてもよろしい。
しかし、ここ最近どうも懐かし路線の雑貨を扱うお店の「バイヤー」達が会場にいるようで、
狭い会場の中、明らかに主婦とはかけ離れた若い男の子達が懐かし路線のグラスや瀬戸物を掻っ攫って行くんである。
この気分、秘密のつくし畑を見つけられてしまった気分とでもいいましょうか。
新たなライバルを向かえ、ますます白熱するバザー熱。

今回は、出足で遅れてしまい駄目だった。
1つ見つけたのは、フィンランド アラビア社のカップ&ソーサーのセット。
新しいカップを使うと、ちょっと気分が変わるから好き。
f0003788_6473763.jpg

[PR]
by optiyuko | 2006-07-07 07:02

ヘルパンギィーナ

これ、そうたろうがここ三日程侵されてたウイルスの名前。
夏風邪の一種で、育児百科によると特徴は高熱と喉の痛みだそうで。。
そしてまったくそのとおり40度の熱が出て、しかもその後高熱による痙攣の一種(名前失念)
まで起こして両親をたまげさせ、夜中救急に駆け込むというフルコースをやってのけたのでした。
心配ないと言われ安堵と共に帰る頃にはもう朝五時前。白々と夜も明けかけて。
信号待ちでふと夜遊び帰りの若者がふざけ合ってるのが車の中から目に入る。
その人生と共に、色々な朝の迎え方があるもんで。
…救急帰りの朝っていうのは全く良いもんじゃないが、子育ての必死さが出ているという点では今のこの時期を表す朝の迎え方のひとつ。
[PR]
by optiyuko | 2006-07-07 06:27